Archives for : 12月2013

便利さは腰痛の敵?

現代病の一つとも言われている腰痛ですが、多かれ少なかれ腰痛に悩まされていない人はいないのではないでしょうか。

そもそも腰痛がおこる原因は何なのでしょう。

腰痛は現代病と言われていますが、本当にそうなのでしょうか。
実は、人類が二足歩行をし始めてから、腰痛が起こるようになったという説もあるのです。

動物は、四つん這いで歩きます。これは、体の負担を分散させ、自然に体全体のバランスを整えているのです。だから、動物には腰痛はないそうです。
人類は、二足歩行という進化により、体を下半身だけで支えることになりました。

これは、四足歩行より、下半身に倍以上の負担がかかります。
特に腰は、体を支える中心でもあり、非常に負担がかかっているのです。そして、その予想以上の負担が「腰痛」なのですね。

長い歴史(?)のある腰痛ですが、昔の人々はそれほど腰痛に悩まされていなかったようです。
それは何でも手間暇かけて自分の力で行っていたからだとも言われています。
自分の足で歩き、家事や肉体労働をすることで腰を鍛えていたからです。

現代の社会は便利な反面、腰痛の原因がたくさんあると言われています。
ほとんど歩かなくても目的地に着くことのできる交通機関の発展、全自動洗濯機、簡単に湧かせるお風呂などの家事の簡略化、パソコンなどのコンピューターの発達など、私たちの便利な生活がますます腰痛持ちの人々を増やしているのです。

ストレッチ、ヨガなど腰痛予防の対策がたくさん謳われていますが、まずは昔の人々の生活を参考にし、自分の生活を見直してみるのもいいのかもしれません。