ぎっくり腰を予防しよう

「ぎっくり腰」。その名を聞いただけで、つらい思い出が蘇ってくる人も多いのではないでしょうか。

ぎっくり腰とは通称です。正式な病名は、「筋膜性腰痛症」または「腰椎捻挫」になります。

では、ぎっくり腰が起こる原因は何なのでしょうか。
私たちが、多いものを持つ、中腰になる、体をひねるという動作をすると、腰に負担がかかります。

これらの動作を、急激に行った場合、腰やその周りの筋肉、脊柱、骨盤などがびっくりし、必要以上に負担がかかる場合があります。
その結果、それらがゆがんだり、捻挫をおこしたりし、急激な痛みが伴うのです。

その痛みは突然やってくるので、欧米では「魔女の一撃」とも呼ばれているそうです。
特に腰が冷えやすい冬に発症することが多いそうです。

ぎっくり腰になってしまった直後は、痛みが一番激しいので、「安静第一」です。

そして腰を冷やしてください。一般的な腰痛予防は腰を温めるのが良いのですが、ぎっくり腰になってしまった場合は、必ず冷やしましょう。
腰を温めると症状を悪化させてしまいます。

数日間、安静生活を続けていれば痛みは軽減されていきますが、安静生活が難しかったり、続けられなかったりする場合などは、治療に行かれるのをお勧めします。

病院の整形外科や鍼灸、整体、整骨院などそれぞれ治療の方法は異なります。
西洋医学、東洋医学と様々な側面から治療方法がありますが、信頼のできるところを選び治療に行かれるといいでしょう。

また普段の心がけとして、腰を使う動作の時は特に気をつけながらゆっくりと動く、腰を冷やさないようにする、この二つを頭に入れておけば、ぎっくり腰にかかりにくくなります。

大原麗子について押さえておくべき3つのこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です