体の変化が女性の腰痛の原因

女性のほうが、男性より腰痛に悩まれている割合は多いのではないでしょうか。

女性の体は、生理、妊娠、出産、産前産後など、急激な変化を体験します。それをきっかけに腰痛持ちになることが多いそうです。

女性は体の変化に伴い分泌されるホルモンの種類や量が異なります。
急激な変化を遂げることにより、腰痛が起こりやすくなるのです。

生理中および前後に腰痛で悩まされている方は多いと思います。
生理中はイライラ感や腹痛などの症状がでてきます。さらに腰痛が加わるので、専門機関で相談窓口を設けたり、薬の処方をしていたりするそうです。

妊娠中も別の種類のホルモンが分泌されています。
特に妊娠後期になると出産しやすくなるように体を緩めるホルモンの分泌とお腹が大きくなっていき、腰が反ってくるために腰痛が起こりやすくなります。

もともと腰痛持ちの人は、出産時は特に注意をしてください。骨盤矯正ベルトをうまく利用して出産に臨むなど、工夫が必要です。
また、出産直後も、無理がたたって腰痛を悪化させる場合があります。
赤ちゃんを抱き抱えたり、出産で大きな負担がかかったりしているためです。

骨粗鬆症も腰痛の原因です。更年期になると体の骨がもろくなってきて、腰痛も起こりやすくなります。気をつける必要があります。

女性の腰痛の痛みは症状に応じて痛みの大きさも人ぞれぞれです。心配なことがあったら専門家や医療機関で相談されることをお勧めします。
リラックスすることは痛みを和らげるためにいいことです。常日頃からリラックスする工夫をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です